大阪のお笑い

実はそうは行っても大阪や関西圏のお笑いは最初から東京で受け入れられたわけではなく、そのまま東京に大阪のお笑いを持って行ってもなかなか人気が出ない状況があったといいます。

地域的には名古屋地域くらいまでは大阪のお笑いは浸透し、うけるといいます。その理由は文化の違いや地域の成り立ち方などが密接に結びついていることであるとも思います。地域性で話を済ましてしまっては匠たちの東京進出は叶わずじまいなのでここでも笑いに関するテクニックとデザインの台頭があります。

匠の企業では人材を宝と考えつながっていく文化であるお笑いを脈々と続けて行ってみようとします。お笑い自体は非常に才能とセンス、状況やタイミングによる要素で人気不人気が大きく左右されます。

逆から考えれば全て揃っていないとなかなかブレイクしないのです。タイミングによってそれぞれが揃えば若手でもブレイクするのだといいます。それがお笑いの世界の怖いところでもあり大きい夢が詰まっているところでもあります。

東京のお笑いはどうしても伝統的につながっていっていない印象が匠に中にはあり自分は人で文化をつなげていこうそれが結果的に面白くなって力になっていくのではないかと考えました。

拠点である事務所を各地域で構え、それぞれの場所で芸人さんを育てるという状況作りです。師弟制度が大まかなデビューへの道であった芸人さんへの道ですが芸能の学校を開校したりもしました。

今では学校のシステムを各企業がこぞって取り入れています。その学校から活躍する芸人を排出育成したことも大成功したおおきな理由でもあると思われます。今でもその人気はずっと続き学校出身の芸人さんもベテランという方々も増えてきている現状があります

ハリセンスパーン!!で変えるスピリチュアル人生のススメ>>Top Page