治療に対する自分自身の判断

投稿者: | 9月 3, 2021

医師というのは、病気の専門家です。しかし、必ずしも健康の専門家ではないことはよく覚えておきましょう。スピリチュアルの医学と、西洋医学は違うものとなっています。人は、病気の原因を探ることによって、自分自身について深く知ることができます。何故その病気になったのかというのは、心に原因があることが多いのです。しかし、体調が悪いと感じたときには、最初に心の原因を探るのではなく、すぐに医師に診てもらうことが大切です。医師は、体のどこが悪く、上手く機能していない部分を指摘してくれます。その診断の結果を、よく聞いておきましょう。そこから投薬の治療をするのか、注射や手術をするのか、治療方針を決めるのは医師ですが、最終的な判断をするのは自分自身です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です