労働と育児

投稿者: | 11月 3, 2021

「はたらく」という言葉が示すように、労働は家族を楽にするためのものです。間接的にはお金を稼ぐことも含まれますが、最終的な目的はそこにありません。

そう考えれば、育児も「はたらく」に含まれますから、労働と育児は言わば同義であり、対立するのは可笑しな話なのです。両者は対立するものではなく、優先順位を付けられるものです。

会社を優先するのか、育児を優先するのかは人によります。ただ注意していただきたいのは、優先順位は決して価値の高低を意味するものではないということです。仕事を優先したからといって、育児を下等だと決め付けるわけではありません。確かに仕事は自己実現のために最適なツールかもしれません。

しかしこの「自己実現」は、自分の能力を証明することではないはずです。少なくともスピリチュアル的見方では、自分の能力を声高に主張することと、無能さとは表裏一体です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。